スタッフ紹介

 トップ > 採用情報TOP > スタッフ紹介 > Y・I 看護師(訪問看護ステーション管理者)

Y・I  看護師(訪問看護ステーション管理者)

Y・I 看護師(訪問看護ステーション管理者)

Y・I 看護師(訪問看護ステーション管理者)

愛知県一宮市出身。愛知県の医療系大学卒業後、一宮市内の総合病院で看護師として勤務。院長とその病院で知り合い、当院看護部長からお誘いを受け、2017年に転職。訪問看護ステーション前管理者が産前産休休暇取得のため管理者代行を務めています。

今の仕事内容

訪問看護ステーションの看護師として、療養中の患者様のお宅へ訪問することや、管理者代行として看護師の勤務管理、訪問時間の調整、患者様の主治医やケアマネージャー様と連絡を取り合い情報共有を行っています。

当院を選んだ(決めてor背景)

当院の看護部長とも、前職では一緒にお仕事をさせていただいたことがあり、とても尊敬できる上司でした。その看護部長からお話をいただいたときは、また一緒にお仕事ができることも嬉しく感じ、訪問看護という新たな看護に挑戦してみようと思い転職することを選びました。

日々の業務で気を付けていること

報告・相談・連絡は必ず行うようにしています。訪問中は一人でいることがほとんどのため、訪問前に疑問に思ったこと、訪問中に気付いたことなどは確認し、患者様に迷惑がかからないようにしています。

やりがいをどんな部分で感じているか

病院で働いている時とは違い、それぞれの生活の場で一人一人とお会いできるため、その方のみに集中して看護する事ができます。患者様やご家族様と接する時間も長くなるため、コミュニケーションを築きやすくより良い看護へつなげられることにやりがいを感じます。

働いて感じる当院の強み・得られること

一番に谷院長とすぐ連絡が取りあえる状況のため、患者様の状態をリアルタイムで相談・報告を行うことができ、迅速な医療につなげられることです。また、毎朝谷院長と看護師、事務によってカンファレンスを開催しており、患者様の情報共有がとても行いやすい環境にあることも強みだと思います。

入社前に抱いていたイメージと入社後に感じたこと

訪問看護という、医療というよりは介護寄りの看護を行うイメージでありましたが、当院では急性期患者様もできるだけ自宅で療養していただけるよう対応しており、医療を常に感じられる場だと思います。また、患者様のご希望に沿った治療の場を選択できることは患者様、ご家族様にとっても治療への意欲へつながることだと思います。

今後の抱負

まだまだ知らない知識、技術はあるため、その都度勉強し自身のスキルアップにつなげていきたいと考えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加