たに在宅クリニック訪問看護ステーション

 トップ > たに在宅クリニック訪問看護ステーション > たに在宅クリニック訪問看護ステーション

たに在宅クリニック訪問看護ステーション

たに在宅クリニック訪問看護ステーション



訪問看護とは、看護師が患者様のご自宅へ訪問し、療養生活を支援するサービスです。
病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスを行います。
患者様の病状について主治医と常時情報交換を行い、迅速かつ的確な対応をいたします。高度な医療処置にも対応可能です。
ご自宅での様々な医療処置やケアへの不安を取り除き、患者様、ご家族様が、安心、満足してご自宅での療養生活が送れるよう、最大限のサポートをいたします。
当訪問看護ステーションは、24時間365日対応体制をとっています。お気軽にご連絡、ご相談ください。

訪問看護の対象者


病気や障害のある方が訪問看護の対象者です。介護保険でも医療保険でも同様のサービスが受けられます。
どちらの保険が利用できるかは細かく定められており、以下にお示しします。
詳しくは、ケアマネージャーやかかりつけ医療機関でご相談ください。当訪問看護ステーションに直接ご連絡頂いても結構です。


 

介護保険対応となる方

65歳以上:要支援または要介護と認定された方
40歳以上65歳未満:16の特定疾病に該当し、要支援または要介護と認定された方
40歳未満:介護保険は利用できません(40歳未満の方は医療保険対応です)


 

介護保険における特定疾病

① 末期の悪性腫瘍 ② 関節リウマチ ③ 筋萎縮性側索硬化症
④ 後縦靭帯骨化症 ⑤ 骨折を伴う骨粗鬆症 ⑥ 初老期における認知症 
⑦ 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病
⑧ 脊髄小脳変性症 ⑨ 脊柱管狭窄症 ⑩ 早老症
⑪ 多系統萎縮症(線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳萎縮症) 
⑫ 糖尿病性神経症、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症 ⑬ 脳血管障害 ⑭ 閉塞性動脈硬化症 
⑮ 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎を含む)
⑯ 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症


 

医療保険対応となる方

要支援・要介護認定に該当しない方
厚生労働大臣が定める疾病等の方
急性増悪などにより主治医から特別看護指示書が発行された場合


 

厚生労働大臣が定める疾病等

① 末期の悪性腫瘍 ② 多発性硬化症 ③ 重症筋無力症 ④ スモン
⑤ 筋萎縮性側索硬化症 ⑥ 脊髄小脳変性症 ⑦ ハンチントン病 ⑧ 進行性筋ジストロフィー
⑨ パーキンソン病関連疾患 

a. 進行性核上性麻痺
b. 大脳皮質基底核変性症
c. パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類Ⅲ度以上かつ生活機能障害度がⅡ度またはⅢ度)

⑩ 多系統萎縮症

a. 線条体黒質変性症
b. オリーブ橋小脳萎縮症
c. シャイ・ドレーガー症候群

⑪ プリオン病 ⑫ 亜急性硬化性全脳炎 ⑬ ライソゾーム病
⑭ 副腎白質ジストロフィー ⑮ 脊髄性筋萎縮症 ⑯ 球脊髄性筋萎縮症
⑰ 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 ⑱ 後天性免疫不全症候群 ⑲ 頚髄損傷
⑳ 人工呼吸器を使用している状態

訪問看護料金

医療保険の場合 介護保険適用の場合 生活保護受給者の場合
保険証により基本1~3割負担 基本1割負担 自己負担なし


医療保険対応となる方

月間の支給限度額はありません。医療保険の自己負担は、かかった医療費の1~3割です(年齢や収入によって異なります)。


介護保険対応となる方

要介護度に応じて毎月の支給限度額(保険から支給される金額の上限)が定められています。ケアマネージャーが支給限度額の範囲内で居宅サービス計画を作成しますが、その中に訪問看護を組み入れてもらえば、訪問看護が利用できるようになります。利用者の自己負担は、毎月の介護保険サービスの利用料金の原則1割となります。支給限度額を超えて介護保険サービスを利用した分については、全額自己負担となります。

 

訪問看護の内容


 
 

異常時には早期に医師と連絡を図り対応いたします。

 
 

身体の清拭、洗髪、口腔ケア 食事の介助や指導(摂食・嚥下訓練・指導など) 排泄の介助や指導(ストマケア・排便処置など) ※ケア・処置の方法などご不明な点は何でも ご相談ください。

 
 

点滴、輸血、採血の実施 ドレーン(胸腔ドレーンなど)の管理 カテーテル(胃瘻、尿道カテーテル、中心静脈カテーテル・ポートなど)の管理 在宅酸素、在宅人工呼吸器、各種ポンプ類などの管理 口腔・鼻腔・気管吸入、排痰ケア、ネブライザー吸入などの処置

 
 

褥瘡(床ずれ)ができないような工夫・アドバイスを行います。 医師の指示に基づき、褥瘡の処置を行います。

 
 

疼痛マネジメント、症状緩和、精神的ケア、家族支援、自宅でのお看取り。 がん終末期などでも、住み慣れたご自宅で患者様が自分らしく生を全うできるようサポートいたします。 病状に応じて訪問回数を調節いたします。 頻回の訪問になる場合には、他機関と共同で対応させて頂くことがあります。


 

たに在宅クリニック訪問看護ステーション(事業所番号2362290609)


〒491-0918 一宮市末広1丁目3番18号 ファンタジアビル2F
Tel: 0586‐52‐5520 Fax: 0586‐52‐5521
営業日  月曜から金曜日 営業時間  9時から12時 14時から17時  ※24時間365日対応可能です。
管理者 石垣行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加